むらた部長CEOの「おはよう諸君!」~投資とマネジメント~ 

ヘッドハンティングされた元公務員による投資とマネジメント

今から始める「年100回配当投資法」で確実に資産を増やす

単刀直入に書きます。

 

「四半期配当を出す銘柄を25社買う」

 

と、年間100回の配当を手に入れることができます。

 

しかし、

 

日本で四半期配当を出す銘柄はごくわずか・・・

nomad-saving.com

 

日本株だけでは、25社にはならず、利回りが低い銘柄や1単元の額が大きい銘柄があってうまいきそうにありません。

 

そこで、年100回配当投資法では、米国株を利用します。

 

米国株は四半期配当が基本です。

 

しかも、日本株と違って1株単位で売買ができるので、少額からでも簡単に25社の株を買いそろえることができます。

 

ただし、日本株よりも手数料が若干高いうえ、為替手数料(円をドルに換えるとき、さらにドルを円を換える時)がかかります。

 

ですので、一度かったらむやみに売買せずに、現金が必要になるまで放置が基本となります。

 

また、「20%株価が下回ったら損切」などのルールを決めて、ルール通り売買することに徹することです。

 

ちなみに私が保有している米国株を一部紹介すると

stocks.finance.yahoo.co.jp

 

stocks.finance.yahoo.co.jp

 

stocks.finance.yahoo.co.jp

 

stocks.finance.yahoo.co.jp

 

 直近の配当利回りだけでなく、過去の配当状況も見て選択すると良いと思います。

 

そして、配当がもらえたら再投資です。ここが重要。

 

資産形成の基本は複利効果です。

info.monex.co.jp

 

少額からでも投資できる米国株の魅力が発揮されます。

配当はドルで受け取り、ドルで再購入しましょう。

 

もちろん、NISA枠の活用を忘れずに。

積み立てNISAはダメです。あくまで通常のNISA。

配当にかかる税金を少しでも安くすることがポイントです。

(現地での税金がかかりますので、NISAであっても配当を額面どおりもらえる訳ではありません。)

 

年間100回の配当により、平日の2~3日に1回は配当の通知があります。

配当はモチベーション。余裕資金のある方はぜひお試しください。

 

関連記事

murata.xyz

 

murata.xyz