むらた部長CEOの「おはよう諸君!」~投資とマネジメント~ 

ヘッドハンティングされた元公務員が異色のキャリアでマネジメントを語ります 

地方を恫喝したところでワクチンが増える訳ではない

 

記事を要約すると、

圧倒的に地方に回るワクチンの数が足りてないにも関わらず、菅総理大臣が「高齢者接種を7月末までに完了する」と言ったとたんに、国から「7月末までに高齢者接種を終わらせろ。足らなければ医療従事者向けを回せ。できないというなら公表するぞ」と脅した、ということらしいですね。

 

f:id:muratashikigaku:20200713211500j:plain

国の失政のツケを地方が払う、ということは日常的です。

 

現場を知らない霞が関のエライお役人様が制度設計するので無理もありません。

ただ、現場を知らないだけならいいのですが、自分がポイントを稼いで偉くなることぐらいにしか興味がない人間がやってる場合は悲惨です。

地方の人間なんて、国の下請けか、使用人ぐらいにしか思っていませんから。

 

「公表するぞ」という脅しはマイナンバーカードの時もありましたね。

 

脅されたところで、物理的に不可能なものはできないんですけどね。

 

ワクチンに関して言えば、国はワクチン不足の批判を地方に向けたいのです。

 

ワクチンが足らないのは市町村役場の担当者の責任ではありません。